子ども2人と犬1匹。

アラフォーワーママの兄妹子育て日記。時々スピリチュアル。

与えているつもりが、実は受け取っている

 

結婚前からずっと、子どもと犬のいる暮らしを夢見ていたワタシ。

犬が好きなんですよねぇ🐕🐩

 

アルバムを見返していたら、

通りすがりのワンコと撮った写真がたくさん出てきました。

 

福岡・柳川の店先にいた看板犬のレトリバー

(大好きないとこの文子ちゃんが撮ってくれました😆)

f:id:triple3kids:20181229031806j:image

 

原宿で出会った3匹のダックスフンド

f:id:triple3kids:20181229032017j:image

 

こちらはハワイのアラモアナセンターにいたジャックラッセルテリア

f:id:triple3kids:20181229032124j:image

 

地元・佐世保にて

f:id:triple3kids:20181229032315j:image

 

なぜこんなに犬が好きなのか分かりませんが、

ひょっとすると「お世話をする」ことが好きなのかも。

 

と言うのも、『ストレングスファインダー』という才能診断のアセスメントをやった際、

私の持つ才能の中に「成長促進」と呼ばれる

「他人の成長を喜ぶことができる」という資質がありました。

きっと私は「お世話をする」ことに喜びを感じるのでしょうね。

「与えているつもりが、実は受け取っている」というやつです。

 

f:id:triple3kids:20181230111208j:image

 

子育ては、子どもに愛情や自分のリソース全てを与えているようで、

本当は、子どもから、無償の愛や、喜び、幸せをいっぱいいっぱい貰っているんじゃないかな。

 

「子どもに奪われている」という思考では、犠牲者意識に陥って、楽しくありません。

実は、長男・ おーき氏が生まれてからの私は、犠牲者意識でいっぱいでした。。

 

「こんなに頑張っているのに」

「全てを犠牲にして子どもと向き合っているのに」

 

いつも周りのせいにばかりして、

視野が狭くなり、自分を客観視することができていませんでした。

顔では笑っていても、心の中は泣いていました。

 

f:id:triple3kids:20181230111325j:image

 

長女・チャン子が生まれて、何が一番変わったかと言うと、子育てに対するマインド。

 

心に溜まっていた報われない思いを手放し、

怒り・ 悲しみといったネガティブな感情と向き合いました。

 

「どうすれば楽しめる?自分は本当はどうしたいの?」

 

自身と繰り返し対話し、気持ちに嘘をつかず、

まずは自分が幸せになること、自分が楽しむことを最優先にしました。

 

f:id:triple3kids:20181230112407j:image

 

まだまだ修行中ですが、マインドが変わり、行動が変わったことで、

子どもとの時間を、心から楽しめるようになりました😊

 

そういえば、我が家の長男・おーき氏(3歳)も、お世話好きな一面が。

 

カブトムシの幼虫

f:id:triple3kids:20181229034345j:image

 

お庭の草花

f:id:triple3kids:20181229034430j:image

 

チャン子の相手も上手です

f:id:triple3kids:20181229034451j:image

 

母譲りかしら⁉️ 笑。

 

『ストレングスファインダー』は、書籍に付いているコードを使って、

オンラインで設問に答えることで、自分の持つ才能を診断できます。

おもしろいですよ〜

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0