こども2人と、犬1匹。

アラフォーワーママの兄妹子育て日記。時々スピリチュアル。

自宅出産を振り返って《出産編》③

 

シリーズ自宅出産も今回で完結。

お読み頂いた方、お付き合い下さり感謝致します✨

 

〜part1《覚悟編》〜

 

〜part2《説得編》〜

 

自宅出産であっても、病院での妊婦検診は必須です。

通院先に選んだのは、新宿区の聖母病院。長男・おーき氏を産んだところです。

 

意外だったのは、『助産院で出産予定の妊婦は検診お断り』の病院が結構あること。

自宅近くの産院は(総合病院も含めて)軒並み断られてしまい、やや遠方になってしまうものの、最初のお産でお世話になった安心感もあり、聖母病院に決めました。

聖母での最初の検診で、自宅出産を希望している旨を伝えると、助産師さんから

「まぁ!頑張ってね!良い思い出になるわよ😊」

と声をかけていただき、聖母を選んで良かった、と心から思いました。

 

予定日の20日前、最後の検診で、めでたく自宅出産の許可が下りました。

胎児は2500gを超え、子宮口は1cm大。

主治医は「お産が始まったら、すごいスピードで産まれてきそう」と言っていました。

 

チャン子が産まれる直前のおーき氏。今より随分あどけない

f:id:triple3kids:20190112220403j:image

 

予定日の9日前、パパと母も同席の上、麻の実助産所助産師・土屋さんと最後の打ち合わせ。お産当日の流れなどを確認します。

 

いよいよだ・・・。

お産に向けて緊張感が高まります。

ああ、ダメダメ。リラックス、リラックス。

心の中で、そんなインナートークを繰り返していました。

 

そして遂に、その時が。

 

予定日4日前の夜22時。

その日、産休前の全ての仕事が片付き、最後のメールを送り終え、パソコンを閉じ、布団に入りました。

 

その直後、微弱な腹痛を感じます。

なんか、お腹痛いぞ。もしや・・・

隣で寝ていた母に声をかけます。

反対隣には、スヤスヤと寝息を立てるおーき氏。

パパはまだ職場です。

 

おーき氏を起こさないよう、パパの書斎に移動し、お産用の布団を敷きます。

前駆陣痛かもしれない、と思いましたが、念のため土屋さんに連絡。

 

「う〜ん、前駆かもねぇ。念のため、これから見に行きますね」

と土屋さん。

電話を切った次の瞬間、尋常じゃない激痛が下半身を走りました。

陣痛が来た!と確信。

 

体勢を四つん這いにして、痛みの波に合わせて口から息を吐き、腰を回します。

私の腰を懸命にさする母の手の温かさを感じながら、心の中で

「お母さん、力をかしてね。赤ちゃん、一緒に頑張ろうね」と言いました。

 

お母さん、本当にありがとう

f:id:triple3kids:20190112221105j:image

 

聖母病院の先生が言ったとおり、お産はすごいスピードで進み、土屋さんとの電話を切って10分もしないうちに、赤ちゃんがすぐそこまで下りてきているのが分かりました。

 

「まだ産まれちゃダメ〜〜!」 叫ぶ母(笑)

母は、助産師の到着まで何とか産まれないで欲しいと、私のお尻を両手で押さえていましたが、もはやお産は最終段階に突入。既に赤ちゃんの頭が出てきていました。

衝撃の光景を目の当たりにした母は、

一言「げっ、頭出てる!」

 

体勢を仰向けに移し、骨盤呼吸を始めます。

呼吸のリズムと骨盤の動きに合わせて、赤ちゃんは上手にするする〜っと下りてきてくれました。

驚くことに、3回いきんだだけで、スルン、と、あっけなく出てきたのです。

赤ちゃんの産まれ出る力に、驚きました。

 

無事に産まれて何よりでした

f:id:triple3kids:20190112230136j:image

 

23時10分。

時間にして1時間足らずで、あっという間に私の自宅出産が終わりました。

 

赤ちゃんが産まれてから、約10分後に土屋さんが到着。テキパキと処置を進めてくれます。

思いがけず孫を取り上げることになった母は放心状態(笑)完全にテンパっていました😂

遅れてパパが帰宅。へその緒はパパが切りました。

 

おーき氏はと言うと、陣痛と闘う私の叫び声で目が覚め、私の隣で号泣していました。

パパが帰宅すると、しがみついて離れません。叫ぶ母の姿に、ショックを受けたんでしょうねぇ。

 

帰宅直後のパパ。泣きじゃくるおーき氏

f:id:triple3kids:20190112222759j:image

 

出産の翌朝。私の側を離れないおーき氏

f:id:triple3kids:20190112225917j:image

 

初めての自宅出産は、まさかのスピードお産で幕を閉じました。

いやぁ、しかし本当に良い経験をさせてもらったなぁ。

自分で産んだ!という手ごたえがあり、ものすごい達成感がありました。

 母は苦笑いしながら「冥途の土産ができた」と言っています(笑) 

 

楽しかった自宅出産。またやりたいな~。。 

 

☆おまけ☆

土屋さんとチャン子。土屋さん、本当にありがとうございました!

f:id:triple3kids:20190112230436j:image