子ども2人と犬1匹。

アラフォーワーママの兄妹子育て日記。時々スピリチュアル。

0-2歳向け おしゃれで楽しい絵本

 

絵本の読み聞かせは、私が子育てで大事にしていることのひとつです。

気に入った絵本は手元に置いておきたくて、ひとつ、またひとつと買い集め、現在は300冊超が絵本棚に並んでいます。

 

我が家の絵本棚。思い入れのある大切な本ばかりです

f:id:triple3kids:20190129161436j:image

 

今日は、蔵書の中から厳選した、絵がおしゃれで、大人も子どもも楽しめる作品をご紹介したいと思います。

 

『バスなのね(中川ひろたか / 100%ORANGE)』

乗り物好きな子は、みんな大好き「バス」!

主人公の男の子が運転手になりきり、ごっこ遊びを楽しみます。

テンポの良い文章と、100%ORANGEさんのポップなイラストに、心はずむ一冊。

f:id:triple3kids:20190129171913j:image  f:id:triple3kids:20190129171923j:image

バスなのね (First Book Series)

バスなのね (First Book Series)

 

同じシリーズに、女の子が主人公のままごと遊びのお話も。こちらも可愛いくて面白いですよ。

f:id:triple3kids:20190129165701j:image

おうちなのね (First Book Series)

おうちなのね (First Book Series)

 

 

 

『つみき(中川ひろたか / 平田利之)』

中川ひろたかさんの作品から、もう一冊ご紹介。こちらは積み木遊びのお話です。

f:id:triple3kids:20190129172328j:image  f:id:triple3kids:20190129172341j:image

積み木をひとつずつ積み上げて、、

f:id:triple3kids:20190129172406j:image

がっしゃーん。

シンプルなオチが分かりやすく、積み木が崩れるところでは毎回ケラケラ笑っています。

つみき (はじめての絵本たいむ)

つみき (はじめての絵本たいむ)

 

 

 

『できるかな? あたまからつまさきまで(エリック・カール)』

はらぺこあおむし」で知られるアメリカの絵本作家 エリック・カールさんの作品。

カールさんと言えば、色鮮やかな動物の絵が特徴的です。

f:id:triple3kids:20190129165713j:image  f:id:triple3kids:20190129165721j:image

動物たちが身体の部位を動かしながら、「キミもできるかな?」と人間に挑みます。

お話と一緒に身体を動かして遊ぶと盛り上がりますよ。

できるかな?―あたまからつまさきまで

できるかな?―あたまからつまさきまで

 

CD「エリック・カール絵本うた」には、このお話の歌が収録されていて、リズム体操が楽しめます♫

CD  エリック・カール絵本うた

CD エリック・カール絵本うた

 

 

 

『とらっく(バイロン・バートン)』

こちらもアメリカの作家、バイロン・バートンさんの乗り物絵本シリーズから「とらっく」をご紹介。

バートンさんの絵は、ビビットな色使いが、いかにもアメリカの絵本!という感じがして好きです。

街でよく見る働く車をメインに、作業をするおじさん達も描かれているのが、個人的にツボだったりします。

f:id:triple3kids:20190129165810j:image  f:id:triple3kids:20190129165820j:image

バートンさんは、「乗り物」「恐竜」「宇宙」など、男の子が大好きなものをテーマにした作品が多く、他にもたくさん所有しています。

とらっく (バートンの のりものえほん)

とらっく (バートンの のりものえほん)

 

 

 

『よこながきしゃぽっぽ(リチャード・スキャリー)』

またまたアメリカの作家、リチャード・スキャリーさんのゆかいな仕掛け絵本

f:id:triple3kids:20190129165840j:image

この絵本、広げるとこーんなに長いんです!

スキャリーさんの飛び抜けて独創的な世界観は、とっても夢があって魅了されます。

f:id:triple3kids:20190129165905j:image  f:id:triple3kids:20190129165921j:image

チーズの車に乗ったネズミや、ピクルスの車なんて、面白いでしょ。

お話は、貨物列車の中に積み込まれた、主人公・ゴリラのバナナンのバナナを探すストーリー。

貨車の窓を開けたり、クレーンのアームが動いたり、楽しい仕掛けがたくさんです。

よこながきしゃぽっぽ (おりたたみしかけえほん)

よこながきしゃぽっぽ (おりたたみしかけえほん)

 

 

 

『じぶんだけの いろ(レオ・レオニ)』

絵本界の巨匠・レオ・レオニさんは、様々な動物たちの作品を多数残されています。その中から、カメレオンが主人公のこちらの絵本をご紹介。

体の色がコロコロ変わるカメレオン。一匹のカメレオンが、「自分だけの色」を求めて旅に出ます。

f:id:triple3kids:20190129225934j:image  f:id:triple3kids:20190129235550j:image

レオニさん特有の、淡く優しいタッチの美しい色彩は、見るたびに心癒されます。

我が家の長男・おーき氏は、「色」に興味を持ち始めた1歳半から2歳頃にかけてよく読んでいた一冊です。

じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし

じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし

 

 

 

『BABY NUMBER BOOK』と『BABY COLOR BOOK』(いずれもリサ&ヨハンナ・ラーソン)

ご存知リサ・ラーソンさんが、娘・ヨハンナさんと一緒に制作された絵本。

数を学べる「ナンバーブック」と、色の名前が学べる「カラーブック」があります。

内容は非常にシンプルで、1から10までの数と動物の絵が、カラーブックには、11色の色の名前と、ワンコの絵が描かれています。

f:id:triple3kids:20190129223121j:image

おーき氏は、この本で色の名前を覚えました。

ちなみにこちら、義弟からの出産祝いでもらったのですが、オシャレだし、親子で楽しめて重宝しています。出産祝いでも喜ばれると思います。

BABY NUMBER BOOK

BABY NUMBER BOOK

 
BABY COLOUR BOOK

BABY COLOUR BOOK

 

 

 

絵本を選ぶ際には、絵も文章も、どちらも素晴らしい作品を選ぶようにしています。

特に、絵が好みかどうかは、読み聞かせる上でワタシ的に重要なポイント。海外の作家さんの作品は、おしゃれでユニークな絵のものが多く、好きな作品がたくさん。

 

お気に入りの絵本を見つけて、読み聞かせを楽しんでみて下さいね😊