子ども2人と犬1匹。

アラフォーワーママの兄妹子育て日記。時々スピリチュアル。

3歳児の偏食と向き合う

 

こんにちは。

アラフォーノマドママの谷ヒロコです。

 

週明けから久しぶりに保育園へ行ったおーき氏。

家では、おじいちゃん犬のギンジとチャン子とで、まったりと時間が流れています。

 

f:id:triple3kids:20190218221816j:image

 

日差しの中に春の気配を感じられるようになりましたね。

チャン子はおーき氏の遊びスペースを独占できて嬉しそう(笑)

 

f:id:triple3kids:20190218222005j:image

 

 

さてさて、今日は食事の話です。

 

我が家の長男・おーき氏は、超が付く(⁉︎)偏食家。

慎重な性格だからなのか、食わず嫌いがとにかく多く、食べられるメニューはごくごく限られています。

 

離乳食完了期までは順調だったんだけどなぁ(涙)

2歳のイヤイヤ期あたりから食の好みがハッキリしてきて、ひどい時は、まともに食べたのがアンパンマンチーズだけだった、という日もザラにありました、、

 

f:id:triple3kids:20190218222418j:image

 

4歳を目前に、最近ようやく朝・昼・夕の食事のリズムがついてきて、食べる量も増えてきたので、これまで見て見ぬふりをしてきたおーき氏の偏食に、ここらでしっかり向き合ってみようかと思うようになりました。

 

千里の道も一歩から。

まずは出されたものを完食して、「全部食べられた!」という自信を付けてあげることから始めました。

 

f:id:triple3kids:20190219082151j:image

f:id:triple3kids:20190218223810j:image

 

こんな感じで、本人の好きなものをワンプレートで出しています。

好きなものが盛り付けられたお皿って、大人でもテンション上がりませんか??(笑)

少しでも、食べたい!という気持ちになってくれるように頑張ってます😂

 

量は、確実に食べきれるだけのボリュームにして、完食できたらたくさん褒めてあげています。

 

f:id:triple3kids:20190218224329j:image

f:id:triple3kids:20190218224418j:image

 

本人に自信が付いてきたら、少しずつ新しい食材にチャレンジしてもらおうかな。

けれど今はその前の段階。

食べることの楽しさや、完食する達成感を十分に感じた上で、次のステップに進もうと思っています。

 

一緒に食事の準備をするのも、食育になるかな?

写真は、自分のトーストにチョコスプレッドを塗るおーき氏。

 

f:id:triple3kids:20190219071903j:image

 

色々と試行錯誤中です。

 

またこちらで、その後をご報告しますね。

気長にやりまーす💪😂